銀座並木通り店に続きフリースタンディングとして2店鋪 目の計画となる。周辺に数多くのジュエリーショップが立ち 並ぶ横浜元町商店街に位置する。この商店街の中には、横浜 市により整備計画された遊歩道があり、行き交うのは地元の 人々や観光客で、車の通行はある程度制限されている。町並 みは古く、雑然としている。  

ファサードの計画に際しては商店街の規制があるものの、 まず、より軽快なイメージを演出するために白く大きなサイ ンパネルをとりつけた。間口が狭いので店鋪の天井を高くし 縦に広がる空間でゆとりを感じさせたかった。店内は1階が 店鋪、2階がオフィスという構成で、売り場奥の1段上がっ た接客スペースは吹き抜けになっている。直線的な什器や壁 と螺旋階段の手摺子の曲面とのコントラストを電球色の間接 光で包み込む。全てのショーケースは対面 販売式になってい るが、客に回遊することを楽しんでもらうために分散して配 置された。